概要

OpenChainプロジェクトとは、サプライチェーンにおけるオープンソース コンプライアンスの主要要件を共有するためのものです。わたしたちは目標の一環として、世界中の組織と関係を築き、サポートしたいと考えています。参考資料やトレーニング資料、そして主要な仕様の翻訳は、このプロセスにおいて欠かせない部分です。このページは、翻訳の入手や作成のための第一歩となるページです。

現在入手可能な翻訳

作業中の翻訳

イタリア語

近日公開 [Github]

ポーランド語

近日公開 [Github]

管理者

中国語 – 簡体字

Hung Chang (ハーマン)

中国語 – 繁体字

Lucien C.H. Lin (林誠夏) (Open Culture Foundation)

フランス語

Camille Moulin (Innoc3)

ドイツ語

Catharina Maracke (バークマン・センター:ハーバード大学)

ヒンディー語

Shuvajit Mitra (インフォシス)

イタリア語

Carlo Piana (Array Law)

日本語

Kunai Takashi

韓国語

Haksung Jang (LG)

ポーランド語

Rafał Malujda (Rafal Malujda Law Office)

ポルトガル語

Bill Weinberg (Linux Pundit)

スペイン語

Malcolm Bain (ID Law Partners)

チームメンバー

中国語 – 簡体字

Jingze Li (ティルブルフ大学)
Navia Shen (Huawei)

中国語 – 繁体字

SeanCCC (張忠喬)
DQ (莊道全)
Andy Liu (劉彥麟)
Travis Lu (盧韋丞)
Florence Ko (Open Collaboration and Public Licensing Office)

フランス語

Benjamin Jean (Innoc3)
Bruno Grasset (Elektrobit France)

ドイツ語

Miriam Ballhausen (Lumesse GmbH)

イタリア語

Marco Ciurcina (Studio Légale)

日本語

Takashi Egawa (NEC)
Masao Taniguchi (NEC)
Hiroyuki Fukuchi (Sony)
Nobuo Imada (Hitachi)
Mieko Sato (Linux Foundation)

韓国語

Jongbaek Park (BKL)

ポルトガル語

Gianna Cardinale (Open Source Sense)
Gianfranco Cardinale (Alquimia Moderna)

スペイン語

Daniel German (ビクトリア大学)

翻訳に関するポリシー

OpenChainプロジェクトには2種類の翻訳があります。一つは、コミュニティ志向型アプローチで、資料やスライド、参考資料を翻訳します。もう一つは、より構造化されたプロセスでOpenChain仕様の公式翻訳を準備し、リリースします。どちらの活動も、みなさんからのコントリビュートをいつでもお待ちしております。

資料やスライド、参考資料の翻訳にコントリビュートする:

  • メーリングリストに参加
  • GitHubにアクセス
  • 翻訳ページを見る
  • GitHub上のカリキュラム資料を見る
  • どの作業をしたいかを知らせる
  • Github専用レポジトリを作成する(または作成のヘルプを得る)
  • 翻訳を開始し、レポジトリに追加する
  • メーリングリストで終了を発表する(またはヘルプを要請する)
  • 終了!

OpenChain仕様の翻訳にコントリビュートする

始める前に次のことに注意してください:

  • 各言語に一つずつ公式翻訳があります。
  • すべての翻訳は英語版に基づいてます。
  • 翻訳ごとにプロジェクトから承認された公募の管理者がいます。
  • 翻訳は2人以上の人によって見直しを行い、整合性や正確さ、完成度を確認します。
  • レビュアーは署名し、翻訳の完成度を承認します。

準備ができたら、次の手順で翻訳を行ってください:

翻訳に関してヘルプが必要な場合は、メーリングリストで質問をするか、2週間に一度の行われる会議に参加してください。サポートの仕組みについては、専用のコミュニティページをご覧ください。

Copyright © 2018 Linux Foundation. OpenChain仕様とOpenChain適合ガイドはCreative Commons Attribution License 4.0 (CC-BY-4.0)により使用許諾されています。 オンライン認証アンケートはApache 2.0ライセンスにより使用でき、 Githubでアクセス可能です。すべてのOpenChainカリキュラム、ケーススタディ、またその他の参考資料はCreative Commons Public Domain 1.0ライセンスに従って提供されます。